歯周病治療

歯周病悪化の要因を突き止め、ご自身でケアできるようメインテナンスします

歯周病とは?

歯周病とは、口の中の細菌が歯肉に入り込んで炎症を起こし、やがては歯を支えている骨までも溶かしてしまう病気です。歯ぐきから膿みが出たり、口臭の原因ともなりますが、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい疾患です。
この歯周病の怖いところは、むし歯に比べて自覚症状に乏しく、気づかないうちにどんどん進行してしまうところです。
自然に治ることはないので、毎日の正しいブラッシングとプロの手による歯石除去が必要となります。

このような方は要注意!

  • 歯ぐきが赤く腫れている…
  • 歯磨きの時に歯ぐきから出血が!
  • 口臭が気になる…
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする…
  • 歯がグラグラとゆれる…

歯周病の原因は?

細菌だけじゃない!? 噛み合わせや詰め物が状況を悪化させる原因かも

歯周病の原因となるのは細菌ですが、様々な要素が組み合わさることで、より症状を悪化させてしまうことがあります。
例えば、金属製の詰め物が歯にフィットしていなくて汚れがたまる場所が多くなっていたり、噛み合わせが強すぎるために歯ぐきが下がって菌が繁殖しやすい環境をつくってしまっていたり…。そういった要因をクリアしなければ歯周病の完治は難しくなります。
歯周病の観点からもやはり、口内環境を全体的に見て判断することが大事になってきます。

歯周病の治療について

正しいブラッシングと歯石除去で早期治療

まず、レントゲンや歯周病検査などで進行状況を確認します。状況をご自身でも理解していただいた上で、どのように処置していくのかを決めていきます。
大切なのは日々の積み重ねですから、ブラッシング指導を受けてご自身で正しくケアするのが何よりも効果的です。わかさ歯科クリニックではご自身でケアをしやすいよう、メインテナンスをしていきます。定期的に歯石除去も行うのが効果的です。
歯周病治療のために悪化の原因である歯並びの悪さを矯正するような選択肢もわかさ歯科クリニックでは用意しています。
なるべく初期のうちに進行を食い止め、完治を目指しましょう。
進行してしまい、オペが必要な状況となった場面では、主にレーザー治療を行っています。麻酔なしでも痛みがなく、小さな傷口で治癒も早いので、患者さんの負担が少なくて済みます。