インプラント

食べる喜びをもう一度
まるで自分の歯のような自然な感覚のインプラント

インプラントについて

むし歯や歯周病、事故などで人は歯を失ってしまいます。歯を失った際の治療法としてこれまで主流だったのは”ブリッジ”や”入れ歯”でした。これらはもちろん現在も使われている技術ですが、ブリッジの場合は「周囲の歯を傷つけてしまう」、入れ歯の場合は「口の中に異物感があり、食事が楽しめない」などのデメリットが指摘されてきました。
そんな中で誕生した”インプラント”は、失った歯の部分の顎骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミックなどの素材でできた人工の歯冠を被せる治療法です。
見た目も天然の歯に近くて耐久性に優れており、自分の歯と同じような感覚で物を噛むことができます。

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同じような感覚で噛めるので美味しく食事ができる
  • ブリッジが必要な症例の場合でも、周囲の健康な歯を傷つけなくて済む
  • 入れ歯のような違和感がない
  • 見た目が天然の歯と変わらない

インプラントのデメリット

  • 保険適用外なので費用が高くなる
  • 外科手術が必要となる
  • 術後にも定期的なメインテナンスが必要
  • 全身疾患がある場合は適用できないケースもある

わかさ歯科クリニックのインプラントの特徴

わかさ歯科クリニックでは、基本的にむし歯や歯周病などの疾患を完治した方でないとインプラントを行いません。
また、世界的に高いシェアを占め、長年に渡って部品の調達が可能な信頼がおけるメーカーのものを使用しています。インプラントは耐用年数に優れていますが、場合によっては顎の骨が壊れてしまったり、感染症になってしまうことがあるので術後も定期的なメインテナンスが必要です。もし万が一何かあった時にも、すぐに部品手が入り、処置することができる体制を整えておくことで、患者さんの安心に繋がると考えています。
わかさ歯科クリニックの有田院長は、平成10年よりインプラント治療を開始し、これまでに多くの実績を重ねています。

このような方におすすめです

  • 美味しく物を食べたい方
  • 入れ歯が合わずに苦労されている方
  • 奥歯を失ってしまった方

よくある質問

Q

費用はどれぐらいかかりますか?

A

保険適用外となりますので、1本35万円となります。

Q

手術時間はどれぐらいかかりますか?

A

手術はだいたい1時間前後です。入院も必要ありません。

Q

手術後の治療期間はどれぐらいですか?

A

個人差はありますが、下顎の場合は約3カ月、上顎の場合は約半年です。

Q

手術や術後に痛みはありますか?

A

手術中の痛みはありません。術後もほとんど痛みはありません。

Q

何歳でもできますか?

A

はい。わかさ歯科クリニックでは、20代後半から80代後半までの幅広い世代の患者さんにご利用いただいています。