一般歯科

お口全体のカウンセリングをモットーに、痛みの少ない治療を目指しています

一般歯科(むし歯治療)への考えや取り組み方

「知らないうちに内部がむし歯になっているかも…」長年放っておいた詰め物にも疑いの目を

歯医者へ行くきっかけとして最も多いのが「むし歯」。むし歯を削り、型を取り、詰め物をすると治療が終わったと安心する方が多いかもしれません。しかし、5年前…? 10年前…? いつ治療したのか思い出せないような昔の詰め物の内部を一度疑ってみてほしいのです。
特に、一昔前まで主流だった金属製の詰め物。金属のメリットは「頑丈」な所ですが、硬すぎるがゆえに周りの歯を傷つけたり、歯並びに影響を与えたりという可能性も。
内部で知らないうちにむし歯が進行している、ということも珍しくありません。
わかさ歯科クリニックではまず、患者さんのお口全体のカウンセリングを行います。
治療はもちろん、患者さん同意の上で進めます。一人ひとりに合った治療法や治療計画などについて、しっかりと相談して決めていきましょう。

むし歯治療について

「痛くて怖い」歯医者さんのイメージを覆し「痛みの少ない治療」を目指します

子どものころに印象づけられた「痛くて怖い」という歯医者のネガティブイメージは大人になってもなかなか消えません。なんとなく違和感を覚えながらも歯医者を敬遠する気持ちが優先されたばかりに、症状が悪化して取り返しがつかなくなることさえあります。
「もっと気軽に立ち寄って相談できるような歯医者さんでありたい」。
だからこそ、わかさ歯科クリニックでは痛みの少ない治療を心がけています。
表面麻酔、極細針、電動注射器を使用することで、麻酔時の痛みを最小限に。
また、レーザー治療器、根管治療器を導入することで、患者さんの負担を軽くすることに成功しています。

予防歯科について

自覚症状が現れる前の早期発見・早期治療で自分の歯を守ろう

予防歯科の考え方が進んでいる北欧諸国では80歳で残る自分の歯(残存本数)はおよそ20本だといわれています。一方日本では80歳での残存本数は約4本。
「いかに抜歯をせずに済ませるか」ということを考えた時に、「痛い」「しみる」などの自覚症状を感じる前の早期発見・早期治療が何よりも大切だということが分かります。
基本的に、口内環境はいつもリスクにさらされています。一度治したむし歯も「再発するものだ」と心しておいた方が賢明です。
口内環境をいい状態にキープするために重要なのが、毎日のブラッシングです。しかし、長年身に付いた習慣を改め、正しく完璧なブラッシングを行うのは容易ではありません。
定期的にプロのメインテナンスを受けていただくのが患者さんにとっても安心です。
来院ペースは個人差がありますが、むし歯治療後の方は半年に1回、歯周病の方は月1〜3カ月に1回ペース、「歯磨きが苦手」という自覚がある方には月1回の通院をおすすめしています。