2016.08.31更新

広島にある、わかさ歯科クリニックです。
まだまだ暑いですね!
さて今日もインプラント治療で、実際のどのようなトラブルが世間的に起こっているのかをお話していきます。

上あごの歯のインプラント治療において、上顎洞に炎症が出てしまうというトラブルが挙げられています。
症状としては、目の近くや上あごに痛みと腫れが生じます。

実は、上あごには空洞部分があります。
これを上顎洞といいます。
インプラントを埋入する際に上顎洞に穴をあけてしまったりすると、そこに菌が感染してしまい炎症を起こすのです。

これも先日のインプラントと骨が上手く結合しないというトラブル同様、残念なことに事前の検査を、しっかりと行っていれば確実に避けられるトラブルであり、わかさ歯科クリニックでは、あり得ないトラブルです。
上あごの骨の厚みや上顎洞との距離など、患者様の個性によってこのようなことが起こるリスクがあるということは事前に分かります。
このようなケースの場合、サイナスリフトと呼ばれる骨移植などをすれば、このようなトラブルは起こりません!

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.08.25更新

広島にある、わかさ歯科クリニックです。
今までのブログでは、インプラント治療でトラブルに見舞われる患者様が少なくないというお話をさせて頂きました。
それは歯科医師の技術と知識不足から起こることなので、わかさ歯科クリニックの患者様が安心ていただいて大丈夫なのですが(笑)、実際のどのようなトラブルがあるのかを今日からのブログでいくつかご紹介します。

まず、インプラントと骨が上手く結合せず、ぐらぐらした状態になってしまうというトラブルです。
これは患者様個々の、骨の質と量の問題です。
これは事前の検査で、しっかりとチェックしていけば分かることで、対処としてはインプラント治療の前にインプラントに耐えうる骨を形成することで解決します。
でもこれを怠ると、インプラントと骨が結合しないという事態を引き起こすのです。

ハッキリ申しまして、経験が豊富なしっかりとしたインプラント治療を行える歯科医師であれば、このようなことは起こり得ません。
わかさ歯科クリニックの場合、事前の検査におけるチェックも当たり前のことですがしっかりと行っていますので、ご安心ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.08.22更新

以前のブログで、歯科医師の60パーセント近くがインプラント治療における患者様とのトラブルを経験しているというお話をさせて頂きました。
処置が可能なものや本当に些細なトラブルであればよいのですが、その内4分の1が重大なトラブルを引き起こしていたということが分かっています。
特にそのなかでも一番恐ろしいのが、神経系の麻痺です。
麻痺を起こしてしまいますと、状況次第ではありますが麻痺が残ってしまうケースも多く、つまり患者様は、インプラント治療を行ったばかりに一生涯の後遺症を背負ってしまう結果になってしまいます。

患者様がビックリしてしまいそうで、あまりこのような話をするのもどうかと思いますが、やはり事実を知っていただくのが一番だと思うので書きますが、もうかなり昔の話にはなりますが、インプラント治療による死亡事故も実際に出ています。
本当にごめんなさい!
今からインプラント治療を・・・と考えていらっしゃる方にとって、怖がらせるようなお話です。

でもつまりは、リスクがない治療ではないということなのです。
そしてそのリスクによるトラブルは、前にもお話しした通り、歯科医師の技術と知識不足から起こります。
要するに、クリニック選びが重要なのです!

わかさ歯科クリニックの場合、私は平成10年よりインプラント治療を開始。
今年で18年目を迎えました。
当たり前ですが、多くの症例数を重ねて知識も積み上げてきました。
安心してインプラントのご相談にいらしてください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.08.10更新

昨日のブログで、インプラント治療は患者様と歯科医院とのトラブルが絶えないというお話をいたしました。
その原因は、歯科医師の技術と知識不足であるということもお伝えしました。

昨日のブログを読んでいただくと、おそらく多くの患者様が「知識も技術もないのであれば、無理にインプラント治療をしなくてもよいのに」と思われるでしょう。
当然のことです。
私だって同じように感じます。

ではなぜ、多くの歯科医師がその無謀な行動を起こしてしまっているのか?
それについて、今日はお話しします。

これは、診療報酬の抑制が関わっています。
歯科クリニックの多くは今、診療報酬の抑制によって経営的に苦しい状況に置かれています。
またこれは喜ばしいことでもあるのですが、日本人のデンタルIQが向上し、数十年前と比較すると、虫歯の患者様の数が激減しています。
つまり、虫歯の治療と予防歯科だけでは、歯科クリニックを経営していくことが難しくなってきているということです。
そこで、自由診療でそのなかでも治療費が高額なインプラント治療を導入しようという歯科医師が増えているのです。

広島でインプラント治療をお考えの方は、インプラントの実績ある医師にお任せするのをおすすめ致します。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.08.09更新

広島で開業している「わかさ歯科クリニック」院長の有田です。

インプラントは、失った歯のかわりとして、歯科医師としてもおすすめしていますし、実際の患者様にもご満足いただいている治療法です。
しかしこのインプラント治療、患者様と歯科クリニックとのトラブルが絶えないのも事実です。

それはなぜなのか?
インプラント治療は、口腔外科町域の治療であり、歯科医師の専門的な知識と数多くの症例に伴う技術が求められるのに対し、現実はそれに見合わない歯科医師が最近、平気でインプラントの治療を率先して行ってしまっているからなのです。

2012年に日本歯科医学会が全国的に行った調査によると、インプラント手術を行なう歯科医師のうち、約60パーセントがインプラント治療における患者様とのトラブルを起こした経験があるということが分かりました。

確かにインプラント治療は、本当に知識と技術を要します。
歯科医師として、油断は禁物です。
しかしきちんと治療を行えば、トラブルには繋がりません。
つまりこの調査結果はそれだけ、腕が未熟な歯科医師がインプラント治療を行っているという事実です。

わかさ歯科クリニックの院長である私は、平成10年よりインプラント治療を開始し、これまでに多くの症例数を重ねています。
安心してインプラントのご相談にいらしてください。

投稿者: わかさ歯科クリニック