2016.07.29更新

もうすぐ8月ですね!
広島の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

皆様は、お口の中に「これ、いつ治療した歯だっけ?」という歯がございませんでしょうか?
年齢を重ねると、多くの方にこのような歯が存在すると思います。

見た目的には治療が完了していますし、問題が生じている様子がないかもしれません。
しかし、5年も10年も前の治療完了歯が、いまも問題なし!という状況かといわれると、ちょっと疑わしいです。

一番多い事例は、金属の下で虫歯になってしまっているというケースです。
金属で覆っているように見えますが、やはり微細な隙間があるものです。
ここから虫歯になってしまうというケースですね。
このようなこともありますので、昔治療した虫歯は、定期的にチェックしていくのが理想的です。

このブログを見て、私も昔治療した歯が、そのままある!と思われた方は、早めにわかさ歯科クリニックをご受診なさってください。
まずは、患者さんのお口全体のカウンセリングを行います。
そして、それぞれの患者様にマッチした治療法や治療計画などについて、しっかりと相談して決めてまいります。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.07.22更新

こんにちは!広島で開業している「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。
少しずつ、暑さも本格的になってまいりました。
これからの季節は、熱中症が怖いですね。
上手に水分補給をしなければと、私もいつも思っています。

定期的なPMTCで、歯石をとると気持ちがよいです!
気持ちがよいだけでなく、歯肉炎、歯周病、虫歯予防にもつながっています。
ぜひ、歯石を定期的に除去する習慣をつけていただきたいと思います。

「そんなことしなくても、毎日の歯磨きだけで十分!」とおっしゃる方がいます。
歯石は、ご家庭のデンタルケアでは除去は困難です。
先ほどお話ししました通り、歯肉炎、歯周病、虫歯の原因にもなっています。
つまり、「毎日の歯磨きだけで十分!」というのは間違いです。

歯科衛生士が行うプロのクリーニングと、毎日の患者様自身のケアが揃ってこそ、完璧なデンタルケアといえます。
歯科衛生士は、ブラッシング指導なども行っておりますので、定期的にPMTCをお受けいただくと、ご自宅でのケアのレベルも向上しますよ!

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.07.19更新

こんにちは!広島の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。
さて今日は、日ごろクリニックで診察をさせていただいていて、気になっていることを一つ書かせていただこうと思います。

最近、親御様のデンタルIQが向上し、小学生のお子様の虫歯は減少傾向にあり、それに関しては私としても喜ばしい限りです。
しかしその反面、中高生の虫歯は、増えてきているようにも感じるのです。

中高生となれば、身の回りのことのほとんどを、自分でできるようになります。
もちろん歯磨きは自分でしますし、親御様が仕上げ磨きなんてしないと思います。
それゆえに、虫歯が増えてしまう時期なのではないでしょうか?
また、夫婦共働きのご家庭が増えており、自分で出来る部分に関してまで、気を配る余裕はないというご家庭も多くなっていると思います。

もちろん仕上げ磨きをしてくださいなんて申しませんが、この時期に虫歯が増えているという事実と、虫歯でいらっしゃる中高生の虫歯の進行度合いが、かなり進んでしまってから来院されている傾向を踏まえ、お母様お父様にはぜひ、定期的な歯科検診をお子様におすすめいただければと思います。
3か月に一度、検診で虫歯チェックとデンタルケアのチェックをするだけでも、虫歯はかなり予防できるはずです。
よろしくお願いいたします!

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.07.12更新

こんにちは!広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。
もうすぐ、梅雨が終わりそうですね!

先日のブログで、夏休み海外へ行く方は、その前に歯科検診と虫歯治療を行いましょうというお話をさせていただきました。
その理由には、もう一つあります。

皆様が海外へ行く際に加入する海外旅行保険というものがあると思います。
これに加入しているので、万が一のことがあっても安心だと海外へ行けるわけです。
しかし、この海外旅行保険には落とし穴があります!

ほとんどの海外旅行保険商品は、海外における虫歯治療を、保険の対象外にしているのです。
つまり、海外で虫歯が痛みだして我慢ができなくて、現地で治療となった場合は、完全に自費です。
日本に帰ってきて申請をすれば、日本の健康保険のルールに則って返金されますが、そのとき、「この治療を日本で行ったら」という概念で金額が計算されて返金されます。
つまり、アメリカなどの治療費が驚くほど高額な国で治療を受けてしまいますと、そのほとんどを自分で支払わなければならなくなるのです。

こんな大騒動にならないためにも、日本で虫歯チェックをして、虫歯があればきちんと治療していきたいものです。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.07.06更新

こんにちは!広島の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。
7月に入りまして、私どもの方から強くアナウンスさせていただいておりますことは、夏休み休暇に、海外旅行を考えている方は、ぜひこの時期に歯科検診を行いましょうということです。

海外旅行先で虫歯が突然痛くなったというトラブル、意外と珍しい話ではありません。
日本と温度湿度の差がある場所、旅行なので日程的にちょっと無理して、疲れや寝不足が続いてしまったという状況になると、今まで痛みがなかった隠れ虫歯が、急にうずきだすといったことが起こりやすい状態です。

言葉も不安な海外で歯科治療というだけでも怖いのに、国によっては歯科治療の技術が心配な地域も多いのが実情です。
隠れている虫歯は、発見して事前に治しておけば海外で虫歯が痛くなるリスクを回避できます。
そのためにもこの時期に、歯科検診をして虫歯がないかチェックしていきましょう。
そして虫歯が見つかった場合は、すぐに治療をして夏休み休暇前の完治を目指しましょう!

投稿者: わかさ歯科クリニック