2016.04.26更新

① お酒を飲む機会が多くて、夜の歯磨きを適当に済ませがち
② 朝、忙しくて歯磨きを適当にしてしまう、もしくは歯磨きをサボってしまう
③ 子供を寝かしつけているうちに、歯を磨かずに自分も寝てしまう
④ フロスなど、細かい事は苦手
⑤ 歯科衛生士から毎回、歯磨き指導を受ける

さて、突然箇条書きにしてしまいましたが、この5つのなかで、当てはまるもの、もしくは近いものがある方、いらっしゃいませんでしょうか?

市役所北交差点にある、わかさ歯科クリニックでは、三ヵ月に一度、長くても半年に一度の、歯科検診と歯のクリーニングをおすすめしております。
しかし、上記の内容に当てはまるなと感じた方は、できればもう少し頻繁に健診とクリーニングに通っていただければと思いまして、本日は書かせていただきました。
上記に当てはまる患者様は、できれば一ヵ月に一度、通院してください。

口腔内のケアは、毎日のケアが一番重要です。
その毎日のケアが、今一つ上手くできていない状況で、歯垢などが塵も積もってしまいますと、やはり虫歯や歯周病を引き起こすリスクを高めてしまいます。

ただ一ヵ月に一度、通院していただければ、毎日のケアの手を抜いてもいいということではありません。
できるだけきちんと行えるよう、頑張っていただきたいですし、歯磨きが苦手という方は歯磨き指導を受けて、それを真似る努力をしていただきたいです。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.04.25更新

鯉城通りに面し、市役所北交差点にある、わかさ歯科クリニックです。
当クリニックでは、インプラント治療を行っています。
ブリッジは抵抗がある、入れ歯がなかなか合わないなど、お困りの方はお気軽にインプラント治療について、ご質問ください。

インプラント治療実績が豊富なのはもちろんなのですが、わかさ歯科クリニックの場合、この地で歯科クリニックとしての歴史が長く、若い方からそれこそ90歳の方まで患者様として診察してきています。
このような経緯から、インプラント治療における、「広範囲の年齢層への治療実績」が豊富なのです。

インプラント治療と聞くと、50歳代~70歳代の患者様をイメージする方が多く、それは歯科医師においても同様であったりします。
しかし実際には、20歳代後半で、インプラントニーズがある患者様もいますし、80歳代後半でも、治療したほうが良い患者様もいます。
当クリニックでは、このような年齢層の患者様にもインプラント治療実績が豊富です。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.04.15更新

鯉城通りに面し、市役所北交差点にある、わかさ歯科クリニックです。
当クリニックは、広電宇品線の市役所前駅から徒歩約1分のところにあり、交通の便が良い場所だと自負しております。
天気が悪くても、通勤通学途中でも、通院していただきやすい立地が自慢です。

そしてもう一つの自慢!
患者様の「通いやすさ」について、工夫しているところがあります。
それは、診療時間です。

歯科クリニックの「お昼休み」について、「長いな」と感じられたことがある方は、とても多いのではないでしょうか?
二時間休憩時間を取られるクリニックが多いですが、中には三時間休憩を取られているクリニックも珍しくありません。

わかさ歯科クリニックでは、お仕事のお昼休みにもご来院いただきやすいように、午前の診療を13時までにしています。
そして、午後の診療ものんびりと始めるのではなく、14時半からスタートし、学校帰りの小学生やお昼寝後の未就学児のお子様などが、ご来院しやすいように考えています。

お昼休み自体、1時間半と短めにしています。
そして夜も、部活や学校帰りの学生さんや、お仕事帰りの方々が来院されやすいように、19時まで診療を行っております。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.04.12更新

四月に入り、新学期がスタートしました。
多くの小中学校で、この時期は学校歯科検診が行われていると思います。
このあと徐々に、その結果が戻ってくる時期になります。

学校歯科検診は歯科クリニックのように、十分な設備環境下で検診をしておりません。
その状況で虫歯を指摘されたとなりますと、他にも虫歯の箇所がある可能性さえもあります。
虫歯がありますという結果が帰ってきている場合、現段階で痛みがなくても、すぐにわかさ歯科クリニックで治療をはじめましょう。

そしてもう一つ!ここで強くお願いしたいこと。
それは、学校歯科検診任せにしないということです。
今お話しした通り、学校歯科検診は、十分な設備環境下で検診をしておりません。
つまり、見落としている可能性がゼロではないのです。

学校歯科検診で異常がなくても、しっかり三か月に一回の歯科クリニックでの検診を行ってください。
そもそも、学校歯科検診で見落としがなかったとしても、一年に一度の検診では不十分です。
虫歯が出来てしまったときは、発見時には悪化してしまっている可能性が高いです。

虫歯に限らずなんでも、早期発見と早期治療が大切です。
定期的な歯科検診を、しっかり行ってまいりましょう。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.04.09更新

新入学、おめでとうございます。
新しい門出に、意気揚々と毎日を過ごされていると思います。
クラスが決まって、新しい仲間ができたり部活動やサークルを決めたり、バイト先を決めたりと、高校生・大学生になった皆様は、これからの有意義な毎日のために今、忙しい日々をお過ごしかと思います。

少し落ち着いてからで、構いません。
将来の自分のために、今のうちに歯列矯正をはじめましょう。
気が早いような気がするかと思いますが、歯列矯正は時間がかかります。

ですので大学生になるまでに、社会人になる前に、留学をする前にとお考えであれば、入学して一段落した時期がベストです。
特に大学生の方は、社会人になってからよりも時間的融通がつきやすいと思います。
また職業柄、矯正装置に抵抗を示すケースもあることでしょう。
このような、しがらみがない四年間のうちに、歯列矯正を完了することをわかさ歯科クリニックでは強く、オススメしています。

当クリニックには広島大学の東千田キャンパスの方が、近いということもあってたくさん通っていただいており、歯列矯正をされている学生さんもたくさんいます。
同じく近隣のエリザベト音楽大学の方々も、美意識が高い方が多く、特に声楽専攻の方や将来留学希望の方は、歯列矯正をされる学生さんが多いです。

投稿者: わかさ歯科クリニック