2016.03.30更新

先日、一人目のお子様よりも、二人目以降のお子様の方が、虫歯が多かったり口腔内環境が悪かったりするというお話をさせていただきました。
実は、お子様の歯科を長年見てきて、もう一つ感じていることがあります。

それは、「誰が育てているかで、虫歯量が違う」ということです。
あくまで体感的なものですし、統計があるわけでもありません。
もちろん当てはまらないケースも多い話ですので、あくまでも参考までに!

最近、子育てをしながら共働きをしているご家庭が多いと思います。
そうすると、保育園のお迎えから両親が帰ってくるまでの養育を、祖父母にお願いしているケースがあると思います。
このようなケースでは、お孫さんがかわいいばかりに、甘いものやジュースをたくさん与えてしまったり、おせんべいなどをダラダラと与えてしまったりするおじいさま、おばあさまがどうしてもいらっしゃるのです。

歯はとても大切なものです。
それだけに、「かわいいから」と歯に悪いことばかりしていては、いけないのです。
このようなケースでは、おじいさま、おばあさま方の意識を変えていく必要があると思います。
ご両親ではなかなか難しいと思いますので、そのような時は是非、おじいさま、おばあさまをお子様と一緒に、わかさ歯科クリニックへお連れください。
プロとしてきちんとお話をさせていただきます。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.03.24更新

私が長年、歯科医師をしてきて、お子様の歯について感じることがあります。
それは同じご兄弟で、同じように育てられ、同じような食生活をしているであろう環境なのにも関わらず、一人目のお子様よりも、二番目、三番目のお子様の方が、虫歯が多かったり口腔内環境が悪かったりするのです。

歯並びや歯の質は当然、兄弟個々に違うとは思います。(似ている部分も多いですが)
それであっても同じ親が養育しているわけですから、本来は口腔内が、同じようになると思えるのです。
でも、実際は違う。

これは、まずは同じように見えて、食事の内容が違うのだと思います。
一人目の子どものときは、甘いものをなるべくあげないようにしてきたけど、二人目以降は「お姉ちゃん・お兄ちゃんと同じものを食べたがるから仕方なく・・・」と、ジュースやチョコレート、アイスなどを早いうちから与えていたりするのだと推測できます。

更に、これも良く聞く話だと思いますが、一人目のお子様の習い事などに下の子を付き添わせる機会が多くなると思います。
そのときに静かにしていてほしいからとか、時間つぶしにと、お菓子類やジュース類をダラダラと食べさせてしまうこと、ありませんでしょうか?
ダラダラと食べ物を口に入れていることは、虫歯リスクを高める要因です。
二番目以降のお子様の、お口の健康も、しっかりと考えてあげてくださいね。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.03.17更新

この間、広島港で毎月第1日曜日・第3日曜日に開催している「ひろしまみなとマルシェ」へ行ってきました。
当然ですけどこの時期、牡蠣ははずせません。
それ以外にも、新鮮な野菜などがいっぱい販売されていて、とても楽しめました。

このような市場に来ると、おいしそうなものがたくさんあるのですが、その中に果物などのように硬いものも見かけます。
そのたびに思うのが、歯や歯茎が健康であれば、このような硬い食べ物も自分の歯で思いっきり一生涯食べられるのだということ。

虫歯はもちろんなのですが、年齢と共に心配なのが歯周病。
歯周病は、歯を失う原因第一位ですから、健康な歯を少しでも多く一生涯残すことを考えると、一番恐れるべきものです。
歯周病予防は、わかさ歯科クリニックうでの定期的な検診とクリーニングが第一です。
その上で、ご自身で行っていただく日々のデンタルケアが重要になってきます。
当クリニックでは、歯磨き指導にも力を入れており、患者様がご自宅でしっかりケアができるよう、促していきます。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.03.11更新

先日、ブライダルの準備として、歯並びを治したい、歯を白くしたいという患者様が増えたというお話をさせていただきました。
その件で、重要なことを一つお話し忘れたと思い、ブログを書かなければと、パソコンに向かっております。

ホワイトニングやガムピーリングに関しては、即効性が見込めるので結婚式の直前でも、問題ないケースが多いのですが、歯列矯正だけは、どうしても大変時間がかかるものなので、結婚が決まったと同時、もしくは結婚の話が固まる前からはじめていただきたいのです。

現状の歯並びによって、歯列矯正期間は患者様それぞれ変わりますが、やはりどんなに短くても半年、長い方は二年ぐらいかかります。
そこで、わかさ歯科クリニックでは、結婚を意識する年齢になったら、結婚を考えるパートナーが現れたら、そのときが歯列矯正をはじめるタイミングですとおすすめしています。
その時になって焦らなくてよいように、歯並びが気になっている方は是非、早めにわかさ歯科クリニックへご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.03.08更新

昨年は、大物芸能人の結婚ラッシュでした。
福山雅治さんと吹石一恵さんや堀北真希さんと山本耕史さんの結婚なんて、世の中がどよめきました。
田中裕二さんと山口もえさんの再婚も驚きましたし、TOKIOの国分太一さんの結婚も、「とうとうですか!」とびっくりしました。
そして年が明けましたら、北川景子さんとDAIGOさんの結婚報告でしたよね。

そうそう!結婚といえば、一昔前はブライダルの準備として、歯をきれいにしようという考えなんてなかったように思うのですが、最近では、結婚式までに歯並びを治したい、歯を白くしたいという患者様が増えました。
特に女性の方が多いですが、ホワイトニングやガムピーリングに関しては男性もいらっしゃいます。
このように歯に対しての意識が高くなってきていることは、歯科医師として大変嬉しいことです。

結婚式は、人生の晴れ舞台です。
写真や動画など、後世に残るものも多いです。
芸能人の結婚会見や結婚式のように、美しい歯並び、白い歯、きれいな歯茎でその日を迎えたいものです。

ブライダルの準備は日取りを決めて、会場や衣装、食事などを選んだり、印刷物を作ったり結納を行ったりと、何かと忙しいと思います。
スケジューリングをしっかり行って、是非そのスケジュールの中にわかさ歯科クリニックへいらっしゃる時間をつくっていただけると幸いです。

投稿者: わかさ歯科クリニック