2016.01.29更新

こんにちは!広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
テレビを何の気なしにボーっと見ていると気がつかないかもしれませんが、気をつけてCMを見てみてください。

肩や腰のつらい症状に効く、薬やシップ、疲労回復に効果があるサプリメントやドリンク剤、むくみに良い靴下、眼精疲労やかすみ目に効果がある目薬、冷え性に効くドリンクなど、とにかく疲労や体調不良に良いとされる商品や薬のCMだらけです。
これだけハードな生活をする人が増えていて、慢性的な疲れや体調不良で悩んでいる方が多い世の中ということですよね。

このような症状が、サプリメントや薬やドリンクを使っても、病院に相談をしてもマッサージや整体に通っても治らないという方、原因が歯並びや咬み合わせである可能性も考えられるということをご存知でしょうか?

このブログを読んで、「あっ!」と思った方は、わかさ歯科クリニックにご相談ください。
わかさ歯科クリニックでは歯科矯正を行っております。
多くの方が当クリニックで歯列矯正を行っており、歯列矯正の実績も豊富です。
お気軽にご来院ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.01.25更新

先日の成人の日には、多くの成人式に向かわれる方々を拝見いたしました。
「私もウン十年前は、あんな時代もあったなぁ」なんて、懐かしく感じてしまいました。
その当時は、私自身も考えてもいませんでしたが、今はもし身近に成人を迎える立場の人がいたら、歯列矯正をして整った歯並びで成人の日を迎えたほうがよいと話すでしょう。

もちろんそれは、成人式に見た目的にきれいにという意味もあります。
でもそれよりも、これから大人として生きていくうえで、重要なのではないかという意味合いの方が強いです。
前にもブログでお話しましたが、先進国では歯並びの悪さは、マナー違反ぐらいの感覚です。
これから社会人になるにあたって、やはり歯並びは整っている方がベストです。
また、東京オリンピック開催が決まり、自国にいながらも多くの外国人を向かいいれる立場の私たちは、世界レベルのマナーを表現すべきでしょう。
どんなに「おもてなし」を頑張っても、にこっと笑うその歯並びが悪かったら、幻滅する外国人の方もいるというわけです。

歯列矯正は時間がかかるものですから、そのときになって治したい!となっても、すぐに治せません。
だからこそ、成人式を目標に歯並びを整えるのがいいのではないかな?と私は思います。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.01.21更新

寒さが厳しい季節ですが、皆様お元気にお過ごしですか?
広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
このブログでは過去にも、歯周病のお話をさせていただいてきましたが、今回は歯周病がアルツハイマー病の進行を助長してしまう可能性があるというお話しです。
数年前、名古屋市立大大学院の研究チームがこの事実を明らかにしました。

高齢化社会に伴い、認知症患者は増え続けております。
それはある程度仕方のないことなのかもしれませんが、できるなら認知症にならない方が誰だってうれしいわけです。
そしてもし認知症になってしまっても、それが進行しないでほしいと願うものです。
そう考えるのであれば、歯周病にならないようにケアしていくことが重要でしょう。

歯周病は治すとなると大変な病気です。
そのため、なにより予防に努めるのが重要です。
しっかり、わかさ歯科クリニックで定期健診をしてクリーニングを受けたり、デンタルケアの指導どおりにご自宅で日々のケアをしていく必要があります。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.01.14更新

継続して、そろそろママになりたいなとお考えの方向けに、妊娠前、そして妊娠中の歯や健康のお話や、デンタルケアのお話をさせていただいておりますが、今回が最終回になります。
前回同様、どちらかというと、既に妊娠が分かっている方向け、そして既に出産をされた方向けのお話になります。

妊娠前、妊娠中に虫歯を治すことはとても大切で、それについては認知度も次第に高くなってきています。
しかし現実、虫歯になってしまうリスクが高い時期は、出産後退院して、本格的な育児が始まってからなのです。
特に赤ちゃんの授乳期は、寝不足もあり子育てで手一杯になってしまうので、とても危険です。

昼夜、赤ちゃんを寝かしつけつつ、自分も歯磨きをしないまま寝てしまったという感じで、日々のデンタルケアが不十分な状況になっていく方が多いですし、定期的な歯科検診も、子育てに追われて赤ちゃんもいるし・・・と、なかなか足を向けられなくなってしまうのです。
そして、子どもが保育園や幼稚園へ入園して落ち着いたころ、歯医者へ行ってみると虫歯があちらこちらに!という患者様が多いのです。

子育ては、とても大変だと思います。
しかし歯は一生ものです。
日々のデンタルケアと定期健診、大変だと思いますが子育て同様、頑張ってほしいと思います。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2016.01.07更新

あけましておめでとうございます!
広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
今年もよろしくお願いいたします。
ここまで数回、そろそろママになりたいなとお考えの方向けに、妊娠前、そして妊娠中の歯や健康のお話や、デンタルケアのお話をさせていただいております。
今回は、どちらかというと、既に妊娠が分かっている方向けのお話です。

今まで、妊娠前に虫歯の治療を行い、妊娠中もデンタルケアと定期健診を怠らず、健康な口腔内をキープすることが、赤ちゃんのためにも大切というお話をさせていただいてきました。
しかし妊娠は、突然の出来事であったりすることも多いはずです。
妊娠前に虫歯の治療をしておくといっても、突然妊娠が分かった場合、どうすればよいの?妊娠中は虫歯の治療ができないの?と思われる方も多いかもしれません。

大丈夫です!
妊娠中も、虫歯の治療は可能です。
赤ちゃんが生まれてくる前までに、治療を完了しましょう。

妊娠が分かって、「早く虫歯治療しなければ」とあわてて来院される患者様がいらっしゃいますが、初期はつわりがあり、つらい方も多いはずです。
つわりの最中に虫歯治療は、かなりしんどいはずなので、つわりが落ち着いてから来院してくださいね。
あと、おなかが大きくなってきてしまってからも、仰向けに横になるのがしんどいという方もいますので、できれば妊娠中期あたりの治療がベストです。
もちろん、おなかが大きくなってからでも、妊婦の方の体調を最優先に、無理のない姿勢を心がけて治療を行いますので、お気軽にわかさ歯科クリニックへご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック