2015.12.28更新

先日から、そろそろママになりたいなとお考えの方向けに、妊娠前、そして妊娠中の歯や健康のお話や、デンタルケアのお話をさせていただいております。
第一回目のときに、妊娠前に虫歯を治療して、赤ちゃんに虫歯菌を感染させないようにしましょうというお話しをさせていただきました。
それは確かに大切なことなのですが、いくら妊娠前に虫歯を治療していても、10ヶ月近くある妊娠中に虫歯になってしまっては、また同じことになってしまいます。
つまり、妊娠中もしっかりとデンタルケアと定期健診を行う必要があるのです。

しかし問題は「つわり」です。
人によって、重い軽いがあるので何ともいえませんが、重い方は特に、つわりの間のブラッシングが思うようにできないと聞きます。
生まれてくる赤ちゃんのことを考えて、そればかりに気をとられて、あまりにも神経質になる必要はありませんが、やはりつわりとなると、長い人は数ヶ月間続きますから、できるだけブラッシングを頑張ってみることが大切です。

それでもブラッシングがしんどいときは、口をゆすぐだけでもよいので、口腔内を清潔に保つように心がけましょう。
ガムが大丈夫そうなら、キシリトール入りのガムを併用するのも良いと思います。
もしどうすればよいか分からないときは、体調が落ち着いている日に、わかさ歯科クリニックにご相談にいらしてください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.12.25更新

広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
先日から、そろそろママになりたいなとお考えの方向けに、妊娠前、そして妊娠中の歯や健康のお話や、デンタルケアのお話をさせていただいております。

今回は第二回目。
妊娠と歯周病のお話です。

妊娠と歯周病?と思われた方も多いかもしれません。
実は、妊婦の高齢化も関係している話なのですが、歯周病の妊婦から、早産による低体重児が生まれたり、流産になってしまうという確率が高いことが、研究の結果で分かっております。

最近、30代後半、40代前半で出産という女性が増えています。
この年代は、ちょうど歯周病が多くなっていく時期とバッティングしています。
せっかくの妊娠なのに、流産はとても悲しいですし、低体重の赤ちゃんのリスクもできる限り少なくしてあげたいものです。

妊娠を考えたら、わかさ歯科クリニックにて、歯周病チェックを行いましょう。
歯周病になっていなければ、ここから歯周病にならないように、定期的な検診と、毎日のデンタルケアをがんばっていきましょう。
もし歯周病になってしまっていたら、早急に治療を開始しましょう。
歯周病を完治して、安心の妊婦生活を送りたいですね。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.12.18更新

広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
今回から数回のブログに分けて、そろそろママになりたいなとお考えの方向けに、妊娠前、そして妊娠中の歯や健康のお話や、デンタルケアのお話をさせていただきたいと思います。

第一回目は、妊娠前についてのお話です。
実は、ママが虫歯菌を持っていると、赤ちゃんにその虫歯菌を移してしまい、赤ちゃんが虫歯になってしまうリスクを生み出してしまうということをご存知でしょうか?

普段、何の気なしに生活していると忘れてしまうことですが、このようにお話しすると、ハッと思い出すと思いますが、そう!虫歯は菌の感染から起こる感染症なのです。
ママと赤ちゃんは、一緒にいる時間が長いだけに、虫歯菌を感染させてしまう可能性が極めて高いと言われています。

つまり、妊娠前にしっかりと歯科検診を行い、虫歯があるようであれば治療をしておく必要があるのです。
そして毎日、ブラッシング、フロスをしっかりと行い、虫歯を予防しましょう。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.12.14更新

広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
年末に入り、ビジネスマンの方は特に忙しい時期にだと思います。
こうゆう時に限って、急に歯が痛くなった!という経験、お持ちの方多いのではないかと思います。

このような時は、わかさ歯科クリニックへご連絡ください。
当クリニックは、平日19時まで診療を行っておりますので、お仕事の帰りでもお寄りいただくことができます。
予約診療制を導入しておりますので、前もってご連絡いただけますと幸いです。

また、土曜日も13時まで診療しておりますので、お仕事でお忙しい方は、土曜日に是非、ご予約ください。
土曜日はちょっと込み合いますので、予約いただいてもお待ちいただくこともあると思います。
でも、ひとりひとりの患者様に最適な治療を行うために頑張っております。
ご理解いただけますと幸いです。

また、年末年始は通常、どこの歯科クリニックもお休みになります。
年明けに毎年必ず、「休暇中に歯が痛くなって・・・」と駆け込んでくる患者様が多いです。
最近、歯医者さんをサボり気味だなと思っていらっしゃる方は、せっかくの休暇中に歯が痛くなって最悪な思いをしないために、12月中に歯科検診を行っておきましょう。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.12.10更新

広島市中区にある、わかさ歯科クリニックです。
12月になり、本格的な冬を感じるような日が多くなりました。
日が落ちるのが早く、日の出が遅いです。
冬は朝、布団から出るのがつらい季節です。
朝の歯磨きも、洗面室もお水も冷たくて億劫になる時期ですが、朝の歯磨きはしっかり行わなければいけません。

実は寝ている間というのは、一日のうちで一番口の中の虫歯菌が繁殖する状況が作られてしまっている状況なのです。
歯周病菌も同様です。
睡眠中は唾液量も減るので、口臭がきつくなる環境をつくっていて、朝起きたときは誰でも一番、口臭がきついはずです。
つまり朝の歯磨きをしっかり行わないと、虫歯や歯周病、口臭の原因になってしまうのです。

朝はなかなか忙しいですし、ついつい適当に歯磨きを済ませてしまいがちですが、寒くて朝起きるのがつらくても、早めに起きて余裕を持って朝の用意をして、しっかり歯磨きをする時間をつくりましょう。
健康な歯は、朝のしっかりブラッシングからはじまります!

投稿者: わかさ歯科クリニック