2015.06.27更新

こんにちは。広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

ここ4回ほど、このブログではインプラント治療についてご説明をしてきました。
今回でひとまず最後にしようと思っているのですが、これまでの説明を読んでいただき、結局どんな状態だったらインプラントにするのがいいのだろう、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

患者さん個人個人のお考えもあると思いますので、一概に決め付けることはできません。
しかし、一般的に言うと、歯を失ってしまったが美味しく食事を食べたいという方にはインプラントをオススメできます。
以前もお話ししましたが、インプラントだとご自分の歯と同じようにしっかりと噛めますので、これまで通りに食事を楽しむことが可能です。

また、現在は入れ歯を使っているが、どうもしっくりこない、と悩まれている方はインプラントに代えることを選択肢に考えてみてもいいでしょう。

インプラント手術の年齢制限は、という質問もいただきますが、何歳でもお受けいただけます。当院では、20代後半の若い患者さんから、80代後半のお年寄りまで様々な年齢層の方にご利用いただいてきました。

歯を失うというのは、みなさんの生活において大きな出来事です。
その時のことだけでなく一生に関わる事柄ですので、しっかりと考えていただきたいと思います。そのときには、インプラントの可能性も考慮に入れてみるといいでしょう。
分からないことがあれば、当院までご相談にお越しください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.06.26更新

こんにちは。広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

引き続き、今回もインプラントのお話をしようと思っています。
インプラントという名前を聞く機会は増えていると思いますが、実際に自分が治療を受けると想像してもらうと、知っておきたいことが多く浮かぶのではないでしょうか。
そこで、今日はインプラントについてよく受ける質問とその答えをご紹介します。

まず費用ですが、1本につき35万円となります。保険が効きませんので、やはり高額になってしまいます。

次に手術について。
手術に必要な時間は、おおよそ1時間程度です。特に入院も必要ありませんので、お仕事や学校を何日も休んでもらう、といったことはありません。
術後の治療は、患者さんによって違いはありますが、下あごで3カ月ほど、上あごだと半年くらいが平均的な期間になっています。
術中や術後の痛みについても質問されますが、基本的には痛みはありませんのでご安心ください。

駆け足になってしまいましたが、一番多い治療費や手術に関する質問の答えをお知らせしました。
ほかにもお知りになりたいことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.06.22更新

こんにちは。広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

前々回からインプラントについてのお話をしています。
今日は、当わかさ歯科でのインプラント治療の特徴というのをお話しようかと思います。

まず、インプラントしたい、といった患者さんに無条件でOKを出すかと言うと、そういうわけでもありません。基本的には、虫歯や歯周病がある患者さんには、まずそちらを治してから、とお伝えします。

お口の中が健康になってからインプラントを施していくわけですが、いざ手術をしてインプラントを取り付けても、そこで終わりというわけにはいきません。
インプラントは長い期間使っていただけるものですが、場合によっては顎の骨の調子が悪くなってしまったり、感染症にかかってしまうこともあります。

そこで、そういった事態を避けるためにも、定期的にメンテナンスが必要になるのです。
そのため、患者さんには定期的に当院での診察を受けていただくようにお話しします。その辺りの手間までご理解いただいておかないと、後々患者さんが苦しむ結果になってしまうかもしれませんので。

私自身、平成10年からインプラント治療を始め、多くの経験を積ませてもらいました。
手前味噌かもしれませんが、十分な経験があるというのは、患者さんにも安心してもらえる材料になると思います。
インプラントの良い部分も悪い部分も含め、質問していただければお答えしますので、ご検討中の方はぜひ当院までご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.06.16更新

こんにちは。広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

前回の記事でお話ししたように、今日はインプラントについてご紹介します。
ご存知の方も多いとは思いますが、インプラントは失ってしまった歯の代わりを務める人工の歯を取り付ける治療法です。
歯ぐきの中にある顎の骨にチタン製の人工歯根という土台を埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工歯を被せるのです。

さて、そんなインプラント治療ですが、メリットもあればデメリットもあります。
まずはメリットですが、なにしろ自然の歯と同じような感覚で噛むことができます。ですので、食事も自分の歯で食べるのと同じように楽しめます。
見た目も美しく自然で、入れ歯のように違和感を覚えたり、ブリッジのように周囲の歯に影響を与える心配もありません。

と聞くと、いいこと尽くめじゃないか、と思われるかもしれませんが、そうとは言い切れません。例えば、インプラントは健康保険の適用外なので費用が高くなってしまいます。
また、手術が必要ですので、患者さんによっては心配なさる方もいるでしょう。ほかにも、全身疾患がある方など、インプラント手術を受けられないケースもあります。

良いことも悪いこともあるインプラントですが、それでも多くの方が行っているということはメリットの方が大きいと考える人が多いからだとも言えます。
とは言え、患者さんそれぞれにお考えがあると思いますので、まずは歯科医に相談するのが得策です。もちろん、当院でもご相談を受け付けております。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2015.06.10更新

こんにちは。広島市中区の「わかさ歯科クリニック」、院長の有田一喜です。

もし、みなさんが虫歯や歯周病、あるいは事故やケガで歯を失ってしまったらどうしますか?
普段から気にしている人は少ないでしょうが、歯がないとなると日常生活にかなりの面倒が出てきます。ごはんも上手く食べられないですし、前の方の歯だと見た目にもよくありません。
改めて言うのもなんですが、歯というのは我々が生きて行く上でとても大事な体の一部なんです。

しかし、実際に歯を失ってしまうケースがないわけではありません。
そういったときに活躍してきたのが、ブリッジや入れ歯といった人工的に作った歯です。
ただ、ブリッジは周囲の健康な歯に悪影響が出る場合がありますし、入れ歯は口の中に異物感を覚えるなどの問題もありました。

最近では、そういった問題をクリアした新しい方法が登場しています。
それがインプラントと呼ばれるものです。みなさんも聞いたこと、あるのではないでしょうか。

インプラントには、ブリッジや入れ歯にはなかった利点があります。また、それと同時にデメリットもないわけではありません。
そこで、次回からインプラントの特徴や、当院でのインプラント治療の概要についてご紹介しようと思います。ご興味のある方は、ぜひお読みください。

投稿者: わかさ歯科クリニック