2017.08.26更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
歯周病といえば、人間が歯を失ってしまう原因のナンバーワン。
80歳まで自分の歯をたくさん残し、しっかり噛んで健康に生きていきたいと考えるのであれば、歯周病予防が重要になってきます。
歯周病にならないようにするためには、虫歯をつくらないようにし、毎日のデンタルケアとわかさ歯科クリニックにおける定期検診およびPMTCが大切ですが、実はそれだけでは完璧とは言えないのです。

というのは実は、歯周病と全身疾患は、切っても切れない関係性を有しているからです。
有名なのは動脈硬化や糖尿病などです。
つまり歯の健康を守りたいのであれば、このような生活習慣病の予防にも努めなければなりません。

そこで気になってくるのが、メタボリックシンドロームです。
肥満は、多くの生活習慣病の引き金となっています。
さまざまな臓器に悪い影響を与えます。
特に糖尿病や動脈硬化というような歯周病と直結している疾患には、メタボリックシンドロームは大いに関係しています。

そしてそれだけではありません。
メタボリックシンドロームの状態におかれている方の大半は、運動不足であり食生活が乱れています。
糖質が多い食事を好み、それゆえにメタボリックシンドロームになっているとなれば、それは虫歯や歯周病の原因となります。

栄養バランスが良く、低カロリーを意識した食事を心がけ、運動習慣をつけること。
それは、メタボリックシンドロームを予防・解消し、さらには歯の健康を考える上でも大切なことなのです。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.08.24更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
毎日、毎日暑いですね。
こう暑いと、体調管理が難しいです。
最近の異常気象、どのようにすればうまく乗り切れるのか?と毎年悩んでしまいます。

さて8月に入り、この後、バカンスを控えているという方も多いでしょう。
旅先で虫歯が痛み出したら大事です。
特に海外では、言葉の壁や医療のレベルなど、不安しかありません。
たかが(と私が言ってしまうのは問題があるかと思うのですが、ここはあえて・・・)虫歯の治療で、驚くほど高額な治療費を請求されてしまう国もあります。
そして実は海外旅行保険も、歯の治療は適応外というものが多いです。

「最近、歯科検診に行っていない」
「もしかしたら虫歯があるかも、ちょっと痛いような・・・」
というような方は、旅行前に歯科検診とPMTCを行いましょう。
虫歯があるようでしたら、即効治しましょう。
そして不安なく、楽しい旅を満喫したいですね。

わかさ歯科クリニックは時間予約制をとらせていただいておりますが、お急ぎの患者様については、なるべく近日中にご予約が取れるよう配慮させていただいております。
旅行前でも、大丈夫です!

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.08.17更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
突然ですが、皆様は日ごろお使いの歯磨き粉を、どのようにお選びになっていますでしょうか?

街の薬局へ行くと、ズラッと並んでいますよね。
パッケージを見るとさまざまな効能が謳われていますし、なにより値段幅が大きい!
100円のものもあれば、2000円ちかくするものもあります。
ここまで値段差があると、「安かろう悪かろうなのではないか」とか「高い方が効果がありそう」という考えも出てくるでしょう。

そこで今日は、歯磨き粉の選ぶポイントをお話します。
ポイントは「内容成分が患者様の必要としているものなのか」ということです。
ただ実はこれは、なかなか難しいのです。
パッケージに謳われている効能を信じればよいということではないのです。
その効能は一時的なもので、歯に悪い成分が入っていることもあります。
逆に、本当に良い成分のものもあります。

ではどうすればよいのか?というお話になりますが、やはりかかりつけの歯医者さんにご相談して、自分に合った歯磨き粉を紹介してもらうのがベストです。
わかさ歯科クリニックでは、受付で良質な歯磨き粉の販売も行っています。
お気軽にご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.08.10更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
先日お話をしましたシーラントについて、今日はもう少し掘り下げてお話をさせていただきたいと思います。

まず、技術的に不可能であるということではないのですが、基本的にはすでに虫歯になってしまった永久歯には不向きです。
というのはシーラントをしてしまうことで、虫歯が再発した場合、発見がしづらくなってしまうためです。
つまり、健康な生えたての永久歯の予防処置であるということを、重要視していただきたいと思います。
そのため、もしシーラントをするのであれば、歯が生えてきたら、なるべく早めがベストということになります。

また、シーラントさえすれば虫歯にならないということではありません。
シーラントはそもそも臼歯の溝にしか処置できないものですから、それ以外の部分が虫歯になってしまうこともありますし、やはり重要なのは「日ごろのブラッシング+シーラント」ということになります。

そしてシーラントは外れてしまうこともあります。
親御様の日々のチェックをお願いします。
再度、処置をすることが可能です。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.08.03更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
本日は、お子様の予防歯科のお話として、「シーラント」について、ご紹介したいと思います。
親御様と一言で申しましても、年齢はさまざまだと思いますので一概には言えませんが、おそらく多くの親御様の幼少期には存在しなかった予防法であると思います。

このシーラントは、小窩裂溝填塞のことです。
「しょきうしょくしょうかれっこうてんそくしょち」と読みます。
臼歯を見てみますと細かい溝があると思います。
ここはブラッシングをしっかりと行っていないと、溝沿いに虫歯になっていきやすい箇所です。
この溝をシーラントで埋めて塞ぎ、虫歯になりにくくする処置を小窩裂溝填塞といいます。

このシーラントですが、生えたての永久歯に施すことで効果を発揮します。
また、生えたばかりの永久歯への処置であり、お子様の年齢が12歳以下あれば保険適応になります。
生えたばかりの永久歯はやわらかく、それでなくても虫歯リスクが高いです。
あっという間に虫歯になってしまうケースもあります。
このシーラントを上手く活用し、お子様の歯を守ってあげましょう。
シーラントのご相談は、わかさ歯科クリニックまでお気軽にどうぞ!

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.07.31更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
皆様、「歯の役割」と聞いてなにを思い描きますか?
おそらく、「食べ物を食べる」つまり食物を噛み砕く咀嚼のためと、お答えになるでしょう。

ですが実は、歯の役割はそれでだけではないのです。
とお話すると、このブログを前から読んでくださっている方なら思い出すことでしょう。
そうです!運動のときや力を思いっきりこめるときの「喰いしばり」。
これも歯の役目です。

それだけではありません。
たとえば総入れ歯の方が入れ歯を外して話すと、なにを話しているか聞き取れません。
つまり発音にも関与しているということです。
また、姿勢のキープや体幹を整える、喜怒哀楽の表情を作り上げるという役割もあります。
そして、歯を使って噛むことで脳への刺激が与えられることは有名です。
これも歯のお役目ですね。

このように、よくよく考えていくと歯の役割は食事を食べるためだけではないのです。
生活全般、健康全般に関わってくる歯の役割。
それだけに歯を大事にしたいものですね。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.07.28更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
私のまわりにも中高生の男の子を育てていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいますが、どこのご家庭に聞いても、「とにかくよく食べる」「学校に昼のお弁当だけでは足りないらしい」「息子がいるのでエンゲル係数が・・・」というようなお話をされています。
男の子って、小さい頃は食の細い子も少なくないものですが、中学生ぐらいになると、どんな子もすごい量食べるようになるのは、育ち盛りですし部活動などもありますでしょうから、当然のことだと思います。
ある調査の結果によると、一日四食以上食べている中高生は男女合わせて60パーセント近くいるそうです。

もちろん栄養価を考えていれば、食べるのは大賛成です。
しかし食べ盛りで、一日何食も食べているというお子様は、虫歯リスクが高いので要注意です!
食べたあと、しっかり歯磨きをしていればよいのですが、一日何度も食事をしている状況ですと、シチュエーション的に毎回歯磨きなんてできないというのが実情だと思います。
これでは、虫歯になってしまってもおかしくありません。
せめて食事後に口をゆすぐようにしたいですね。
そして、定期検診とPMTCをこまめに受けるようにしましょう。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.07.20更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
今年は、フィギュアスケート界が大変にぎやかで話題も多いです。
少し前にはなりますが、浅田真央選手や村上佳菜子選手の引退発表がやはり大きかったというのもあるのでしょう。
ところで実はフィギュアスケート選手は、歯科矯正をされる方が多いのをご存知でしょうか?

浅田真央選手や村上佳菜子選手が引退となった今、新エースとして注目を浴びている宮原知子選手。
彼女も少し前まで歯科矯正をされていました。
少し前になりますが、4月後半に行われた「世界フィギュアスケート国別対抗選手権」で、女子フリーで日本歴代最高(世界歴代4位)である146.17点を記録した三原舞依選手も、ほんの少し前まで矯正器具をつけていらっしゃいました。

フィギュアスケートは美しさも重要ですから、それもあって歯科矯正をしていると思われるかもしれません。
もちろんその考えも間違ってはいないのですが、アスリートにとって歯並びは見た目だけの問題ではなく、本来の運動能力を発揮するために重要なものなのです。
歯並びや噛み合わせがしっかりしてこそ、しっかり喰いしばれる。
つまりジャンプなどのときの瞬発的な力を存分に発揮できるようになるのです。
ちなみにこの話はフィギュアスケートだけの話ではなく、どんなスポーツも歯並びの良さは重要になってきます。
アスリートにとって歯並びや噛み合わせの問題は大切なことなのです。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.07.14更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
先日中高生の夜食習慣についてお話をさせていただきましたが、中高生といえばもうすぐ夏休みですよね。
歯並びが悪くて悩んでいるというお子様や親御様。
ぜひこの夏休み期間を利用して、歯科矯正をスタートしましょう。

歯科矯正はどうしても、最初は痛みとの戦いになりがちです。
わかさ歯科クリニックでは、最善の努力をしてなるべく痛みが出ないように治療を行うのですが、それでも限界があるのが正直なところ。
もちろん個人差はありますが、痛みを覚える方が大半ですし、その痛みがかなりのものであるという方もいます。
大体3日ぐらいで治まるものなのですが、普通の土日休みだけでありますと、若干不安ですよね。
そこでおすすめなのが、夏休み矯正スタートということなのです。

今までのお子様の周囲を思い出していただくときっと、夏休みが終わり、9月に登校すると歯科矯正をしていたというご友人がいたのではないでしょうか?
それはこのような理由があるからなのです。
ぜひお気軽に、わかさ歯科クリニックへご相談ください。

投稿者: わかさ歯科クリニック

2017.07.06更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
中高生のお子様をお持ちの方にご質問です。
お子様は夕食のあと、夜食を召し上がりますか?
「夜食」と書くとなんとなく、おにぎりとかサンドイッチ、お茶漬けのような軽食的なものを連想される方もいるかもしれませんが、そのようなものだけでなく、スナック菓子であるとかアイスなども含めてのご質問です。
おそらく、なにかしら食べるというお子様は多いのではないかと思います。

最近のお子様は、どちらかといいますと夜型の生活傾向が強いです。
受験期のお子様はなおさらでしょう。
そうなると、夕食後に夜食を食べる習慣があってもまったく不自然な話ではありません。
約3割の中高生が、夜食を食べているといわれています。

そしてここからが問題なのですが、夜食を食べたあと歯磨きをしないで就寝してしまうというお子様がかなり多いという事実です。
そもそも夜更かしをしている状況ですから、疲れたり眠くなってウトウトとしてしまう。
気が付けば歯磨きをしないで寝てしまった!という流れですから、分からなくもありません。

しかしこれは、言うまでもなく虫歯リスクを高める行為です。
特に夜食が習慣化していて、つまりは歯磨き忘れも習慣化しているという状態ですと、虫歯は間違いなくできてしまうでしょう。
夜食を食べても食べなくても、寝る前の歯磨き習慣は親御様もしっかり監督していただきたいところです。

投稿者: わかさ歯科クリニック

前へ