2017.08.26更新

広島市の皆様こんにちは、わかさ歯科クリニックです。
歯周病といえば、人間が歯を失ってしまう原因のナンバーワン。
80歳まで自分の歯をたくさん残し、しっかり噛んで健康に生きていきたいと考えるのであれば、歯周病予防が重要になってきます。
歯周病にならないようにするためには、虫歯をつくらないようにし、毎日のデンタルケアとわかさ歯科クリニックにおける定期検診およびPMTCが大切ですが、実はそれだけでは完璧とは言えないのです。

というのは実は、歯周病と全身疾患は、切っても切れない関係性を有しているからです。
有名なのは動脈硬化や糖尿病などです。
つまり歯の健康を守りたいのであれば、このような生活習慣病の予防にも努めなければなりません。

そこで気になってくるのが、メタボリックシンドロームです。
肥満は、多くの生活習慣病の引き金となっています。
さまざまな臓器に悪い影響を与えます。
特に糖尿病や動脈硬化というような歯周病と直結している疾患には、メタボリックシンドロームは大いに関係しています。

そしてそれだけではありません。
メタボリックシンドロームの状態におかれている方の大半は、運動不足であり食生活が乱れています。
糖質が多い食事を好み、それゆえにメタボリックシンドロームになっているとなれば、それは虫歯や歯周病の原因となります。

栄養バランスが良く、低カロリーを意識した食事を心がけ、運動習慣をつけること。
それは、メタボリックシンドロームを予防・解消し、さらには歯の健康を考える上でも大切なことなのです。

投稿者: わかさ歯科クリニック